スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Ray 『Recall』 感想

カテゴリー: 曲の感想

予感してたらきてしまった…。
MELL様に続きカオリンのI've卒業。卒業した日は2013年2月12日(木)みたいです。
卒業後はシンガーソングライターとして活動するそうな。えい子先生と同じ?

それに伴い、4月7日(日)にライブ「“ My Beautiful Thanks! ” - Going on NEXT STEP 光へ -」が開催されます。

また、4月21日(日)開催の「LIVE's 421」にもゲスト出演するそうです。ああカオリン…(つд`)

これでI'veはまみさんとLSPのみ。まみさんも独立するのか。それともまみさんも卒業し、I'veはLSP1本になるのかなぁ(゜□゜;)

まずえい子先生、卒業組ライブをお願いしまする。


(2013.2.6 発売)
Recall  (アニメ「AMNESIA」ED)
(Vocal:Ray 歌詞:川田まみ 作曲・編曲:井内舞子)

期待の新人、Rayの3rdシングル。販促活動を活発にしていて、これから人気出るといいな。

井内サウンドと思えないほどノイズィな音がRayの澄んだ歌声とよく合う。曲はけっこうダークなんだけど、アニメもそうなの?(見てない)。
井内さんもI'veに本格参入で曲の幅を広げてきたのか。ツイッターを見る感じ、ノリがえい子先生と同じwww

Rayは純愛だけじゃねーぞっ思える曲でした。子どものように甘えた声から色っぽい声までKOTOKOさんみたいな器用さ。I'veの歌姫にならないかなぁ。ちなみにジャケ見ると、人気の声優さんみたいにコスプレしてる。歌って踊れてコスプレできるRay。

お気に入り度:★★★★★★★★☆☆

双翼のエトワール (『Recall』 C/W)
(Vocal:Ray 歌詞:くまのきよみ 作曲:尾崎武士 編曲:尾崎武士・中沢伴行)

まるで戦機ものの主題歌のようなタイトル。「双翼」は「つばさ」と読むので注意。
最近は武士兄さんというだけでギターアレンジを大に期待してしまう。しかもこの曲は武士兄さん作曲。
んで期待通りギターがノリノリでカッコいい!

ミドルナンバーのように哀愁を漂わせながら、サビで一気に明るい雰囲気へ。間奏は武士兄さんの見せ場。そしてRayのセリフ!…ヽ(´∇`)ノ おいぃぃ声が僕っ子だよぉぉぉぉ。萌えた萌えた。泣き小説を読み終えたような、感動的な映画を1本見たような爽快感があります。

お気に入り度:★★★★★★★★☆☆


I'veどうなるの…。
Ray応援してます。
スポンサーサイト

KOTOKO 『 U 』 & 『 WING OF ZERO 』 感想

カテゴリー: 曲の感想

いくつか新情報がありますね。

MELL様 ベスト&ラストアルバム『Entrust 〜the name of MELL〜』発売2013.3.20
詩月カオリミニアルバム発売『タイトル未定』(2013.3.20
SHIHOアルバム通販開始

ここにきて懐かしい人たちが一斉に動き出しました。まみさんもベストアルバムそろそろ出るし。
MELL様はI've卒業かと想像できます。I've歌姫はどうなるのかと。LSP、カオリン、まみさんになるのかな?
Rayは…やはりソロの活動かな…。
TwitterでもI've卒業歌姫ライブの話が…

I'veに大きな変化が起きそうな予感。



(2012.12.29 C83にて発売)
U  (戯画「マテリアルブレイブ イグニッション」主題歌)
(Vocal:KOTOKO 歌詞:KOTOKO 作曲・編曲:菊田大介)

Unite+reactioN』の流れを引き継いだ一曲。合わせて聴くといいかもしれない。
菊田氏のデジロック×KOTOKOの味が楽しめる。じょじょに盛り上がっていって、サビで突き抜けていく爽快感がいいですね。
エフェクトがかかったKOTOKOさんの声が妙に頭に残る一品ヽ(´∇`)ノ

ちなみにタイトルの「U」の意味は、KOTOKOさんのブログで紹介されています。

戯画はキュンキュンかカッコよいかの2択だなぁ。すると次はキュンキュンくるか。

お気に入り度:★★★★★★★☆☆☆

WING OF ZERO (戯画「バルドスカイ ゼロ」主題歌)
(Vocal:KOTOKO 歌詞:KOTOKO 作曲・編曲:高瀬一矢)

デモムービーが公開されてます。
キャラ&メカデザが綱島志朗になったことがびっくり。
戯画のロボものといったら、mix兄さんだけど今作はタカーセでした。

曲も聴いてみればノリのいいアップテンポでタカーセテイストがすごく効いてる。
KOTOKO×タカーセは久しぶりな気がするけど、どこか懐かしさを感じるメロディ。よ~く思い出したら、『ε~Epsilon~』だ!曲はあまり似てないけど(^ω^)

お気に入り度:★★★★★★★☆☆☆


2~3月はアルバムラッシュでまた出費がかさむ…。

Outer 『RISE-UP!』 感想

カテゴリー: 曲の感想

KOTOKOさんの2012年→2013年のカウントダウンライブで発売されたOuter第一期「遊結」最後の曲。


OHPで表明しているように、Outerの面々はこれからエフィラ期という放浪の旅に出るらしい。ぜひ己を磨いている彼らに会いたい。札幌にふつうにいそうだが

Outerの大ファンとしては悲しいかぎりだけど、再始動するらしいので気長に待ちましょう。


(2012.12.31発売)
RISE-UP!
(Vocal:Outer 歌詞:KOTOKO 作曲:高瀬一矢 編曲:高瀬一矢・尾崎武士)

Outerらしい疾走感のあるハードデジロック。
勢いにのって歌いきるKOTOKOOuterがカッコいい。

歌詞がこれもOuterらしく、既存の概念を壊してひたすら未来へ突っ走れ的なノリ。
我々に訴えかけるようで、Outerの面々のこれからの姿勢を表現しているようでもある。これぞKOTOKOマジック。

個人的にはもうちょいノイジィにはじけてもよかったかなぁ、と。歴代の名曲に比べるとインパクトは少ないかもしれない。曲の激しさよりもメッセージ性を重視しているような。パンクっぽさが売りのOuterとしては大人しい。

Leave me hell alone』くらいの暴れっぷりが好き。

お気に入り度:★★★★★★★☆☆☆


今思えば、初めて『Synthetic Organism』を聴いたときの衝撃はすごかった。そしてライブで初めて実物を見たときの感動も。グラサンをかけてステージを走り回る奴らをまた見てみたい。黒レザーでがんがんヘッドバンギングするKOTOKOさんを見てみたい。タカーセの「オマエラー!!」も聴きたい。
自分の中でOuterは終わってないんです。
パワーアップして帰ってくる彼らに期待して。

「オマイラ!Outerのこと忘れんなよ!!」

MAKO ミニアルバム 『snow flake』 感想

カテゴリー: 曲の感想

毎年恒例となったI'veの冬コミ出展。今回はあの幻?のボーカルMAKOさんのミニアルバムです。
トライバルリンクからまたI'veと組むことが多くなったMAKOさん。ついにアルバム発売!

   


MAKO ミニアルバム 『snow flake』 (2012.12 C83にて発売)
Tr.1 『Live Trip
(Vocal:MAKO 歌詞:MAKO 作曲:高瀬一矢 編曲:高瀬一矢)


Tr.1はやっぱりタカーセ。イントロからタカーセトランスが発動。
心の奥からふつふつと溢れ出す懐かしきI've Sound。

基本はミドルテンポのJ-POP風で、想い人への気持ちを綴ったような歌詞が特徴的。
思わずつぶやいて歌ってしまいそう。

Tr.2 『snow flake
(Vocal:MAKO 歌詞:MAKO 作曲・編曲:中沢伴行)


Tr.2は表題曲。snow flakeって聞くと富士見ファンタジア文庫の「ザ・サード」を思い出してしまう。

1つのクリスマスソングになるかもしれない。「雪の降った白い街並み」がテーマで、切なくなる歌詞が印象的。

聴いていると、snow flakeでかすんでいく街が見えるよう。失恋したあとに聴くと泣いちゃうかもしれない。メロディは明るめなんだけどね(^ω^)

Tr.3 『Precious
(Vocal:MAKO 歌詞:MAKO 作曲:高瀬一矢 編曲:高瀬一矢)


爽やか~で透き通るようなメロディが冬らしい。
穏やかなリズムの中によく聴けばタカーセサウンド。
しっとり聴きましょう。

Tr.4 『
(Vocal:MAKO 歌詞:MAKO 作曲:MAKO 編曲:高瀬一矢)


ストーリーがつながっているのか、4曲目はハッピーエンド。
2人で共に進んでいきましょう。

MAKO作曲のミディアムナンバー。控えめなメロディだけど力強い歌声。
こちらもしっとり聴きましょう。ライブなら左右に手を振っているはず。

Tr.5 『LEVEL OCTAVE -Unplugged Mix-
(Vocal:MAKO 歌詞:MAKO 作曲:高瀬一矢 編曲:高瀬一矢・尾崎武士・八木一美)


8月に発売されたガールズコンピ第8弾の表題曲『LEVEL OCTAVE』のUnplugged Mix。
オリジナルをちょっとスローテンポにして、アコースティックを前面に出しています。ブルースっぽいなぁ。

アレンジャーに武士兄さんと八木さんがいて分かりやすいね(゜□゜)
オリジナル曲が好きならこちらも好きになれるはず。楽器のリズムにノるといい感じに。

お気に入り度:★★★★★★★☆☆☆


MAKOさん好きにはたまらない1枚かと。個人的にはハイテンポな曲が1つほしかった。
MAKOさんのI'veでの活動が増えてくれることを期待します。

今夜はKOTOKOさんのカウントダウンライブ。またまたグッズだけ買いに行きライブは観ないというグッズ厨。
しかもOuterのCDのためにチケット買ったし…。・゚・(ノ∀`)・゚・。

年末は財布のダメージでけぇぇぇ

KOTOKO 『リスタート』 感想

カテゴリー: 曲の感想

ちょびちょび更新するとか言いながら見事な放置っぷりに自分でもあきれる(;´д`)

年末年始にちょこっと頑張ってみよう!


(2012.12.6発売)
リスタート  (iPhone / Android向け恋愛ゲーム「恋愛リプレイ」OP)
(Vocal:KOTOKO 歌詞:KOTOKO 作曲:KOTOKO 編曲:井内舞子)

ゲームはやってないけど、イメージ通りの明るいアップテンポな曲。
18禁ゲームの曲よりもアニメ曲に近いかな。

ゆるいメロディから徐々にテンポを上げていって、期待感を持たせるCメロから一気にサビへ。
目新しさはないものの、KOTOKOさんの歌声を爽やかに聴きたい人におすすめ。

KOTOKOさん作曲ではちょい珍しい明るめの曲です。
I've Soundのどのコンポーザーともちがった音が新鮮です。

お気に入り度:★★★★★★☆☆☆☆

Largo (iPhone / Android向け恋愛ゲーム「恋愛リプレイ」ED
(Vocal:KOTOKO 歌詞:KOTOKO 作曲:KOTOKO 編曲C.G mix)

こっちはED。しっとりしてるんだけど、どこか明るさを感じます。
EDにぴったしな、物語の終わりなんだけど、これからの未来を感じさせる曲。

柔らかい音がほんわりと包み込んでくれる癒し系な。

Gratitude ~大きな栗の木の下で~』と『DuDiDuWa * lalala』の中間といった感じか。

終わりのサビリピートからのビブラートに感動。

お気に入り度:★★★★★★★☆☆☆


カウントダウンライブはグッズとOuterのCDを買うために参戦。
ライブは残念ながら見れません(つд`)

コミケは行くどー。

『ビジュアルアーツ大感謝祭』 ライブレポ

カテゴリー: ライブ/イベント

ビジュアルアーツ大感謝祭 【Shift:NEXT→Generation!】-きみとかなでるあしたへのうた-(なげぇ)

I'veを追いかける者にとってビジュアルアーツは切っても切れない縁がある。
しかも半分がI'veパートとあっては行かないわけにはいかない、というわけで行ってきました。
公式HPも豪華でお祭り要素がいっぱい、楽しみでした。

会場は横浜アリーナ。数年前のKOTOKOさんのライブ以来です。横アリ近辺の飲食店の数が増えてる?
13時半くらいに会場に着く。風鈴さんと会うが、これから食事とのこと。

物販列は建物裏まで伸びてるので気持ちよく諦められました。

120729_VA20thLIVE1   120729_VA20thLIVE2   120729_VA20thLIVE3   120729_VA20thLIVE4

14時を15分過ぎて入場開始。もりもりと人の波に乗り入場。2階の展示を見る。
ビジュアルアーツの歴史や、コンシューマーゲームの展示など見どころいっぱい。大阪本社のオフィス再現とか高ぶるww

参加者も思い思いに見て楽しんでいたようでした。私はグッズやCD、過去のKey作品の展示が気に入った。
1つ1つじっくり見ればすごい時間かかるのだろうけど、せっかちな自分は早々に見終わる。

開演まで時間あるし物販列もう1回見てみようかということで物販へ。
やっぱり列長いが、やることもないので並ぶことに。
けっこう列の進みは早いが、開演に間に合うか不安に…。購入できたのは5分前!奇跡!
パンフとタオル買いました。バックとI'veTシャツ買いたがったがXL売り切れとか萎え…。



【I'veセクション】
ビジュアルアーツだお祭りだくらいの気持ちで参加したが、ライブが始まり思い知ることになる。
I've×VAということは、必然的に古い曲が多くなるということに!!

単純に古い曲が好きな私にとっては、良いライブとなりました。

01.恋愛CHU! (KOTOKO to 詩月カオリ)
初代電波曲がのっけから登場!正直これは予想してなかった!
チュッチュしまくりですね。


02.Double HarmoniZe Shock!! (KOTOKO to 詩月カオリ)

このユニットならくるであろう曲。「Shock!」と叫ぶための曲です。

ここでKOTOKOさんが退場、あれ?カオリンのMC。
可愛さをまき散らし3曲目へ。

03.Do you know the magic?  (詩月カオリ)

キュンキュンきた。

04.Pure Heart 〜世界で一番アナタが好き〜-Remix- (詩月カオリ)

初期I'veの曲がいぱーいくるんじゃないかと気づき始めたのはこの曲から。
アンドロイド歌詞と甘くせつないメロディの親和性が高い超良曲。KOTOKOさんのI've歌詞デビューなんだけどこれがまた歌のテーマにぴったりでまた覚えやすい。熱唱してしまった。

カオリンが退場しえい子先生が登場。ダンサーが4人登場し先生タイムが始まる。

05.verge (島みやえい子)

ガールズコンピレーションからもっといっぱい来て!という心の声が届いたのか『verge』。
トーンは下がったが内なる炎はメラメラと燃え盛っていきました。

MC
I'veバーサス…じゃなかったww』から始まりさすがえい子先生。MCがキレすぎだぜぇ。
教えたこともないのに先生先生って呼ぶのね
あとで職員室来るように』 で笑いまくりでしたwww

前のライブのときにもやった『けだものの皆さん!!』も炸裂!
『私にもかわいらしい曲あるんですよ?』ときてネコミミかー!と思いきや

06.sacred words

軽快のリズムで明るい、これまた2000年代のI've初期の曲。まさかこれがくるとは思わなかった。
うろ覚えの歌詞で熱唱。こういう曲を聴いてるとまじで青春時代を思い出す。

MELLさんは体調不良ということで、…。

07.さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜

もうね、この年代の曲を連発で聴かされると昔のアレやコレがフラッシュバックして涙出ちゃうのよ。
ちょっと暗めだけどサビはMELLワールド出てていい曲です。

08.Rolling Star☆彡 (Larval Stage Planning)

ババーンと登場。懐かしさにひたっていたところで新しいI've。
愛里さんはいつも通りな感したけど、凛姉はなんか大人びてる?『Got it!!』を聴いたときからやたら凛姉を気にする自分がいる。そしてなみさんも、髪にゆるいウェーブがかかってて大人っぽく見えた(実際に大人だけど…)。
なみさんは少しやせて、お笑い担当的な雰囲気がなくなってまじめに歌ってる。う~ん、LSPも変化するなぁ。
MCなく退場し、ここで予想通りまみさん登場!!

09.Wind and Wander (川田まみ)

ライブで何回か聴いたけど、やっぱりいいなぁ。まみさんも美しい髪がウェーブがかかってて可愛らしく。
今日のためにみな気合い入ってますなぁ。あとバイオリンの方、エミューさん?(EMU?)がいました。
バイオリンの音が会場に響き渡って曲の感動レベルをさらに上げた。しかも威兄さんのギターアレンジもきいてて最高でした。

なんかキーボードのグラサンの人、ナカザーかなぁと思ったらやっぱりナカザーだった。

10.Blaze a trail (川田まみ)

ベストアルバムから。

11.birthday eve (川田まみ)

とくに説明もなくSHIHOさんの曲。卒業したとはいえ、当時のI'veを代表する歌姫でした。
MELLさんの曲をカバーしたのならSHIHOさんも、ということなのだろうか。

鬼畜眼鏡」の映像。会場からは「オ~」の声が。たびたび入るアニメ・ゲームの映像がより盛り上げてます。
そして、真っ白一面になったメインスクリーンに黒い服をきたmix兄さんが一人現れる。
演出ですな。

12.under the darkness (C.G mix)
フォーマルスーツ+黒縁眼鏡+ステッキと武装したダンサー4人が踊ってました。
後のメンバー紹介でダンサーは4人しかいなかったので、中の人は女性か?

13.Welcome to HEAVEN! (C.G mix)

mix兄さんの人気のある曲でした。これは予想通り。『Welcome to HEAVEN!』は名曲ですよ。
できれば歌姫にカバーしてほしい。

そして再びKOTOKOさんが登場!会場の温度がここらへんからやたら熱くなり始める。
この日はサイリウムがやばかった。曲や歌姫ごとに色が見事に変わるし。ウルトラ系はもう常備って感じ。
会場から見ててもきれいなんだな。

14.Abyss

Abyss』って『Collective』に収録されたからかそんな古くないように思うけど、9年前なんですよねぇ。当時はこの歌詞大丈夫か?ってゾクゾクしてたけど、やはり今でもゾクゾクなのでしたww

15.Time heals all sorrows (KOTOKO)

きたこれ。題名通り暗い歌なんだけど、低く盛り上げていくKOTOKOさんの歌い方が逸品な曲。
サビが最高。『I've MANIA Tracks Vol.I』に収録されてから、車乗るときはかけることが多い。
ライブお初だしこれが聴けただけでも最高ですよこのライブ。

このあとのMCで、「12年というと、赤ちゃんの子どもも成人になる」と。ちょwww

16.Close to me… (KOTOKO)

定番になりつつあるKOTOKOさんのI'veデビュー曲。透き通るメロディとKOTOKOさんらしい歌い方がマッチしている。自分がI'veにどっぷりハマるきっかけになった曲でもあります。

17.bumpy-Jumpy! (KOTOKO)

勢いのある曲で締め。

そして空気の全く読めてない即アンコール。中途半端な感じで「マジか?」的な雰囲気が漂う中、まじで始まった。画面にOuterの文字。ここでキター!ボルテージ上がったね。

En1.FUCK ME (Outer)

歌詞がない分、こちらが歌った。テキトーだけどww
ナカザー、タカーセ、OuterもいてI've面そろった!!

En2.Leave me hell alone (Outer)

個人的には『Bullshit!! Hard problem!!』が聴きたかったけど、しょうがない。
多くの人が熱唱してたような。歌詞単純だしなぁ。

KOTOKOさんが「何かあったー?」と登場。でもすぐに「Outerの中の人です!」とバラした。
生き別れの姉設定を続けてくれ!

タカーセも「あ、どうも」といつも通りユルいww

KOTOKOさんが「オマイラ!しょっぱなからチュッチュしてんじゃねーぞ!」をかみ、「キュンキュンしてんじゃねーぞ!」に変更。これぞOuter。

En3.Princess Brave! (Outer)

13cmから上原さん(UYE!)がサックスとして参戦。サックスアレンジが少しきいてたかな?

En4.Fair Heaven (I've Special Unit)

最後はこれですね~。全員で歌いましょう~。
メンバー紹介して、タカーセがあいさつして終わり。みんなグッズで売ってたI'veTシャツ着てたけど、XLまじ再販してよ。まみさんの肩が出るタイプのとかも。ナンテナー。


一時の休憩のち、
【KSLセクション】
こっからはボーカルの詳細あんまり知らないのでセトリと少々の感想。

1.Harvest (多田葵)
2.Crow Song (LiSA&marina)
3.Alchemy (marina)
4.Thousand Enemies (LiSA)
5.Day Game (LiSA)
6.一番の宝物 (Karuta)
7.Brave Song (多田葵)
8.CANOE (多田葵)
9.闇の彼方へ (NanosaizeMir)
10.ささやかなはじまり (NanosaizeMir)
11.Philosophyz (NanosaizeMir)
12.サンブライト (北沢綾香)
13.クドわふたー (鈴田美夜子)
14.One's future (鈴田美夜子)
15.Aicemagic (Rita)
16.Little Busters!‐Little Jumper Ver (Rita)
17..メグメル (eufonius)
18..だんご大家族 (茶太)
En1.鳥の詩 (Lia)
En2.AIRメドレー (Lia)
En3.My Soul,Your Beats! (Lia)
En4.Last regrets (I've+KSL)
En4.Orpheus (All Members)

セトリを見れば分かるように、Key作品の新しい順になっている。やはりKanonやAIRの期待が大きいので、トリに持っていったのでしょうか。ほとんどのボーカルさんが初見だったので、見れて良かった。LiSAたん可愛い、Ritaちんびっくりww

いやぁ、しかしKeyの名曲を生で連続で聴けるのは人生最良の日というか、昇天ものです。
アンコールのLiaさん、出産後も変わらずの美声。メドレーは鳥肌もの。

折戸さん誕生日おめでとう~♪

Last regrets』合唱はうまい持っていき方だなぁ、と。確かにI'veとKeyをつなげた作品なので、みんなで歌うのは違和感ない。最近の人は知らないかも?『Orpheus』はVAVA社長も感無量っぽかった。一人だけスーツ…。

このときボーカル陣みんなライブ後限定Tシャツ着てて、「買ってね~」と言ってましたが、即売り切れ。ライブ後、すぐに物販に行ったけど、かなり早い段階で売り切れたようです。さすがに受注生産決まりました



ビジュアルアーツのお祭りだったわけですが、歴史を振り返るとともに自分の青春時代も蘇って感無量。
メジャーなアニメ曲ではなく、懐かしい曲がセトリだったのが自分には嬉しかった。

久しぶりにKeyの曲やI'veの古い曲を聴こうと多くの人が思ったのでは。
これからも応援しています。お疲れ様でした。


すっげー疲れた。

「Real OoPARTS 2012 EIKO SHIMAMIYA」行ってきました

カテゴリー: ライブ/イベント

なかなかブログが更新できないので、これからは簡単な記事にすることにしました。

行ってきました、「Real OoPARTS 2012 EIKO SHIMAMIYA」。

行くかずっと悩んでいましたが、えい子先生を応援したくて当日券で行きました。
遠方からはるばるいらした風鈴さんとも合流。

会場は前にまみさんがライブした高田馬場のESPミュージカルアカデミー。
参加者は200名ちょっと、余裕はかなりありました。

セトリは他のサイト様を見てください。

アルバムから、ひぐらしからといろいろでした。
ひぐらし連発はかなり興奮した。

横田さんとのMCも最高ww からあげくんやっぱいいわぁ。
アコースティックライブもしっとり聴けて良かった。

初登場のベースの渋谷さんはMCなかったのが残念。
諏訪さんこれからもよろしく!!

ダ・カーポの新曲はけっこうよかったす。
11月のライブ発表もあり、えい子先生の動きを知れてよかったです。

Onkalo』の感想もまた書きたいと思います。

お疲れ様でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。